トスカーニー・スパーブ(OR)とウイリアム・シェークスピア2000(ER)  

2008, 06. 25 (Wed) 22:25

トスカーニー・スパーブ(OR)(ガリカ) 一季咲き イギリス
鮮やかなビロードのような赤から紫に変化。
紅紫の花弁に黄色い花芯の、コントラストが美しいです。

パープルレッド・カップ咲き 8cmの大輪
やせた土壌でも丈夫に育つ強健種で、2m
プッシュ形でしなやかな細い枝を伸ばし
枝先に3~4の花をつけます。
トゲの少ない方です。
トスカーニ・スパーブ

トスカーニ・スパーブ

下に咲いているのはコーネリアです。
トスカーニ・スパーブ


コーネリア(ハイブリッド・ムスク)
コーネリア



ウイリアム・シェークスピア2000(ER)

ベルベット調で鮮やかな深いレッドから段々紫色に変化します。
芳醇な香りも素敵です。
繊細そうな枝に似合わず大きい花が咲きます。
今年シュートが良く出ています。
ウイリアム・シェークスピア2000(ER)

ウイリアム・シェークスピア2000(ER)


スポンサーサイト

2 Comments

さくらんぼ  

こんばんは。
2つとも、ダークレッドのベルベット調なんですね。
どちらも素敵ですね。

2008/06/26 (Thu) 22:29 | EDIT | REPLY |   

雨音  

さくらんぼさん こんばんは。
落ち着いた赤も良いですよね。
2つともとても香りが良いんですよ~。

2008/06/26 (Thu) 23:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment