ウィンチェスター・カテドラル (ER) とラプソディー・イン・ブルー  

2007, 06. 12 (Tue) 23:53

ウィンチェスター・カテドラル (ER)

メアリー・ローズの枝変わり。
8cmから10cm径の深いカップ型。
返り咲きで優しい香りがします。
ウィンチェスター・カテドラル (ER)


ウィンチェスター・カテドラル (ER)


ウィンチェスター・カテドラル (ER)



ラプソディー・イン・ブルー (シュラブ)

昨年ブルー系のバラに憧れて購入。
濃い青紫の小さめの花が房になって咲き、
四季咲きで香りもとても良いです。
ラプソディー・イン・ブルー (シュラブ)


ラプソディー・イン・ブルー (シュラブ)

縁がこんなに赤くなっているのは、初めてです。

ラプソディー・イン・ブルー (シュラブ)



こちらもブルー系のバラ
昨年購入

ミスティパープル(フロリバンダ) 作出 河本バラ園

花びらにウェーブが入って、フリフリのドレスのような
可愛い感じのバラです。
ミスティパープル(フロリバンダ)


シャルルドゴール  フランス

花径10~13cm  半剣弁高芯咲き
樹形は直立性で、樹高は1.3~1.5m。
大株で太い枝。トゲは少なく、強い芳香があります。
シャルルドゴール

スポンサーサイト

2 Comments

シーフォーム  

こんばんは。
ウィンチェスター・カテドラル、咲き始めのクリームがかった感じが素敵。
これは、今年お隣さんが、家との間に新苗を植えてくれたので、
咲いたらクンクンしてもいいそうです~(笑)
来年が楽しみです。

2007/06/13 (Wed) 19:02 | REPLY |   

雨音  

シーフォームさん こんばんは。
お隣さんと共有出来るなんて良いですね。
咲き始めの形も整っていて、なかなかの美人さんですよ。

2007/06/13 (Wed) 23:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment