パット・オースチン(ER) 

2006, 07. 27 (Thu) 23:32

パット・オースチン(ER)
カタログで見ると濃いオレンジだったので、
迷っていたのですけど、
人気種なので、やはりゲットしてしまいました。
手元で育てて見ると、これがとても魅力的でした。
濃いオレンジから段々退色してサーモンピンクに変わるのです。
色が変わる様子を載せてみました。
パット・オースチン

パット・オースチン

パット・オースチン

パット・オースチン

パット・オースチン

くどいほど載せましたが、
最後なんて、とてもシックでしょう。
10cmから12cm 深いカップ型 120cm~180cm 返り咲き
ティー・ローズのさわやかな香り。
Graham ThomasとAbraham Darbyとの交配。



スポンサーサイト

4 Comments

アレッサ  

雨音さんもついに

パットさん、連れて来たんですね。
 
やっぱり いい形していますよね~、色は もちろんのこと!
細立ちなんですが、それでいて なかなかに強いんですよ~

2006/07/27 (Thu) 23:54 | EDIT | REPLY |   

北海道のアンジェラ  

こんにちは^^
香り良し。色よし。花の大きさも大きくて申し分ない薔薇ですよね。
花が重いのでうつむいて咲くのもまた素敵ですね^^

2006/07/28 (Fri) 12:19 | REPLY |   

雨音  

アレッサさん こんばんは
パット・オースチン、こんなに色変わりするんですね。
アレッサさんのところは、もう2番花も終わりましたか…。
そうそう細い枝なのに沢山蕾を付けますね。
強健なんですね。安心しました。 

2006/07/28 (Fri) 23:07 | EDIT | REPLY |   

雨音  

北海道のアンジェラさん こんばんは
アンジェラさんのところも先日咲いたばかりでしたね。
こんなに素敵に咲いて、連れ帰って良かったです。

2006/07/28 (Fri) 23:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment