キリタ キタグニ &キリタ タミアナ 

2010, 07. 23 (Fri) 12:02

キリタ キタグニ   

イワタバコ科キリタ属

中国、熱帯アジア、インドにかけて分布しています。

4月に赤穂さんで苗を購入。

キリタ キタグニ   
(C. lutea x C. sinensis 'Latifolia Dwarf')
Okuto's hybris
奥藤氏によって作出された品種

キ・キタグニ、主に初夏から夏にかけて開花する品種です。


横から見ると結構筒が長いですね。

キリタ キタグニ   

葉脈の銀色が特徴とか。。。

キリタ キタグニ   


温度が高いので蕾も開花
7月25日のキタグニです。


‘キタグニ’





キリタ  タミアナ

イワタバコ科キリタ属

原種

ベトナム北部地方原産


タミアナは比較的花上がりが良く、結実もし易いそうです。

花茎が伸びてその先に4輪の花を咲かせます。

ゲスネリア系の私のお師匠さんのHさんより苗を
頂きました。


夏花は白いお花のようです。

種が出来たら蒔こうと思っていたのですが、
今回はダメなようです。


キリタ  タミアナ


お花は長い茎の先に4輪の花を咲かせます。


キリタ  タミアナ


繁殖
 葉挿しができます。
葉の軸(葉柄)を1cm程付けて切り取り、挿します。
管理はストレプトカーパスと同じです。
脇芽ができるものはそれをかき取って挿します。



スポンサーサイト

4 Comments

花LOVE  

お上手ですね

雨音さん こんばんは~
どれも綺麗に咲いていますね、キタグニほんとナカコに似ていますね、タミアナ又咲いたのですか、アルソビアも綺麗に咲いていますね、我が家昨年行灯仕立てに大きく育てていましたが冬にあわや枯らしてしまう所でした、吊り鉢の方は暖かい部屋に置いていたので何とか無事育っていますがお花はまだのようです。

我が家のコーレリアは茎が伸びてばかりで太くならないのですが、何が一番必要でしょうか?雨音さんのマンチューでしたっけヒーンと真直ぐ伸びてしっかりした茎のように見えましたがどの様にしたら良いのか教えてください。

2010/07/23 (Fri) 21:31 | EDIT | REPLY |   

ありんこ  

今週の記事、見せていただきましたがほんとにいろいろな種類や色合いのお花たちがあるんですね~・・。ちょっと蘭似たような感じだったり、色合いも豊かです。雨音さんのおうちがお花でいっぱいでうらやましいです。

2010/07/23 (Fri) 22:31 | REPLY |   

雨音  

花LOVE さん こんばんは。

キタグニとナカコは(C. lutea x C. sinensis 'Latifolia Dwarf')の交配種みたいですね。
あまりに似ていてびっくりですよね。

タミアナ、今回種が出来なかったのですけど、
また蕾が付いてきました。
1年に何度も咲くのですね~。
何時か種を蒔いてみたいです。。。

コーレリアですけど、届いた苗がとても立派だったので、
沢山咲いたのだと思います。

何時も花LOVE さんに教えて頂いて、本当に
助かっているんですよ。

私はコーレリアと大型シンニンギアはレースのカーテン無しで、
直接窓辺に置いています。
陽射しが強い方が花付きが良いみたいですね。
月1回ほどセントの液体肥料を上げていますけど、
どうなんでしょうね。

検索しても、育て方が載っていないので、
困ります。。。
花LOVE さんこれからもいろいろ教えて下さいね。 

 
 

2010/07/23 (Fri) 23:36 | EDIT | REPLY |   

雨音  

ありんこさん こんばんは。

世界中にはいろんなお花があるものですね~。
私も今年のお正月にこんな珍しいお花に
出合って、目が点になりましたよ(笑)

まだまだいろいろ育てているので、
楽しみにしていて下さいね。

2010/07/23 (Fri) 23:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment